こよみ博物館トップへ
こよみの基礎知識 こよみの雑学 くらしの情報 こよみギャラリー 季節のレストラン 館長室
らくらく検索こよみ辞典 問い合わせ問い合わせ
こよみん博士
こよみ博物館の館長で現在70才のこよみん博士。
東京日本橋の扇子屋に生まれるが、学生時代、家の倉庫で古い暦(伊勢暦)
を見つけた事をきっかけに、こよみの奥深さに魅せられ、こよみ研究家に。
現在は館長を務めるかたわら、助手のロビンと一緒に「こよみ教室」を開講し
日々こよみの素晴らしさを伝えるため活動している。
こよみん博士  
   
ロビン
はるばる干支の国から、日本の暦を研究するためこよみ博物館に派遣されて
きた干支犬(えとけん)ロビン。当初は他のメンバーと共に半年で帰る予定だっ
たが、こよみに対する探求心とまじめさからこよみん博士の助手として採用さ
れ現在に至る。
いつも元気いっぱいで、おっちょこちょいなところもあるが、「こよみ教室」ではこ
よみん博士の授業をわかりやすくするように、小さな気遣いも忘れない頑張り屋さん。
ロビン



dummy dummy dummy dummy