こよみ博物館トップへ
こよみの基礎知識 こよみの雑学 くらしの情報 こよみギャラリー 季節のレストラン 館長室
らくらく検索こよみ辞典 問い合わせ問い合わせ

暦注

甲子園の“甲子”のひみつ

夏の高校野球といえば、阪神甲子園球場。
実は、甲子園の"甲子"という名前には意味があります。その答えは、この球場が誕生した年にあったんです。
「甲子」の正体
甲子は、「こうし」、「かっし」、「きのえね」と読みます。
こよみの上で登場する甲子(きのえね)は、60通りある干支(えと)の一番はじめにあたるもので
特にめでたく、60年に一度訪れる甲子の年は「吉祥年」と呼ばれる大吉の年とされています。
阪神甲子園球場の誕生した年は1924年。そう、この年がまさに、「きのえね」の年だったんです!
甲子園のように、甲子にあやかった名前をみかけることがあります。あなたの街の "甲子"、さがしてみると結構見つかるかもしれません。
ちなみに、次の甲子の年はちょっと先の2044年になります。
<<戻る


dummy dummy dummy dummy