こよみ博物館トップへ
こよみの基礎知識 こよみの雑学 くらしの情報 こよみギャラリー 季節のレストラン 館長室
らくらく検索こよみ辞典 問い合わせ問い合わせ

暦注

九星

九星とは、人間の運勢や吉凶の判断に用いられる九つの星のことです。一白(いっぱく)、二黒(じこく)、三碧(さんぺき)、四緑(しろく)、五黄(ごおう)、六白(ろっぱく)、七赤(しちせき)、八白(はっぱく)、九紫(きゅうし)の9つからなりますが、現実の天体の星とは関係ありません。また、他の暦注のように、万人に等しくその日のお日柄や吉凶を教えるものではなく、一人一人の生年月日によって吉凶が別々になるという特長があります。つまり、九星をみる場合は、まず自分が何の星かを知らなければなりません。西洋の星占いと同じ性質のものです。 一から九までの数字に、白、黒、碧、緑、黄、赤、紫の7色と、木、火、土、金、水の五行を配当したものが各人の星である九星(本命星ともいう)です。九星による吉凶判断は近年盛んであるが、江戸時代までの暦本に九星は記載されておらず、明治より、暦や本に記載されるようになった。こういうところから、九星の基本的なルールが実は決まっておらず、暦本によって記載内容に異同がある。


<<戻る


dummy dummy dummy dummy