こよみ博物館トップへ
こよみの基礎知識 こよみの雑学 くらしの情報 こよみギャラリー 季節のレストラン 館長室
らくらく検索こよみ辞典 問い合わせ問い合わせ

暦注

六曜

現在では、暦のお日柄、すなわち暦注といえば「六曜」が主役です。「六輝(ろっき)」(あるいは「六曜星」「六輝星」)とも呼ばれています。六曜自体の起源はよく分かっていませんが、もともとは中国で行なわれていた「六壬時課(りくじんじか)」と呼ばれる時刻占いの一種でした。 これは一日を12刻に分け、ある日の最初の一刻を大安、次の一刻を留連、次を速喜、次を赤口、次を小吉、最後を空亡とするもので、その次の日は、第一刻を留連から始めるというものです。 この六壬時課が日本の室町時代に伝えられ、江戸時代後半になって、日の占いに変化し、名称や順序も次第に今日の先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口となりました。 香港などで売られている暦には、今日でも六壬時課が掲載されています。

 
  六曜一覧  

先勝(せんしょう、せんかち、さきかち)

何事にも早く決断・実行すると良いとされる日。午前は吉。午後は凶。
 

友引(ともびき、ゆういん)

引分けで、勝負なしとされる日。祝い事に吉。朝夕は吉。昼は凶。
 

先負(せんぷ、せんぶ、せんまけ、さきまけ)

早い決断・実行を避け、静かに待つのが良いとされる日。午前は凶。午後は吉。
 

仏滅(ぶつめつ)

一切が成就しないとされる日。特に新しい事を始めるには凶。
 

大安(たいあん、だいあん)

何事にも成功する吉日。旅行・移転・婚姻・開店・その他、すべてに良い。
 

赤口(しゃっこう、しゃっく、じゃっく)

祝い事には凶とされる日。また火の元に気をつけよとも言われる。朝夕は凶。昼は吉。
<<戻る


dummy dummy dummy dummy