こよみ博物館トップへ
こよみの基礎知識 こよみの雑学 くらしの情報 こよみギャラリー 季節のレストラン 館長室
らくらく検索こよみ辞典 問い合わせ問い合わせ

四季と暦

七十二候

七十二候は、ほぼ5日ごとの気象や動植物などの季節変化を示したものです。二十四節気が、ほぼ15日ごとの季節の変化を知らせてくれるのに対し、七十二候はさらにその3分の1の短い期間に区切ってあり、より詳しく自然の移り変わりを教えてくれます。
日本では江戸時代の初期まで、古代中国でつくられた七十二候をそのまま使っていましたが、貞享改暦(1685年)のとき、渋川春海によって、日本の気候や風土に合うように修正が加えられました。

1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月

<<戻る

 
  七十二候一覧  

1月

雪下出麦(ゆきわたりてむぎのびる)

一面に積った雪の下で麦の芽が出始める

芹乃栄(せりすなわちさかう)

せりが青々と生えている

水泉動(しみずあたたかをふくむ)

泉の水には温かさが残っている
雉始(きじはじめてなく)
きじがめすのきじを求めて鳴く
冬華(ふきのはなさく)
雪の下からふきの花が咲き出る

水沢腹堅(さわみずこおりつめる)

沢を流れている水も寒さに凍る
始乳(にわとりはじめてとやにつく)
にわとりが卵をかえすために抱く
<<ページトップへ

2月

東風解凍(はるかぜこおりをとく)

暖かい春風が吹いて氷を解かす
黄鶯v(こうおうけんかんす)
うぐいすが鳴き始める

魚上氷(うおこおりをいずる)

魚が解けた氷の間から姿を現わす

土脉潤起(つちのしょううるおいおこる)

土が湿り気を帯びてくる

霞始靆(かすみはじめてたなびく)

春霞が棚引き始める
<<ページトップへ

3月

草木萌動(そうもくめばえいずる)

草や木が芽生え始める

蟄虫啓戸(すごもりむしとをひらく)

冬眠していた虫が動き始める

桃始笑(ももはじめてさく)

桃の花が咲き始める

菜虫化蝶(なむしちょうとなる)

菜の虫が羽化してちょうとなる

雀始巣(すずめはじめてすくう)

すずめが巣を作り始める

桜始開(さくらはじめてひらく)

桜の花が咲き始める

雷乃発声(かみなりすなわちこえをはっす)

雷が鳴り始める
<<ページトップへ

4月

玄鳥至(つばめきたる)

つばめが南から渡って来る

鴻雁北(こうがんかえる)

かりが北へ渡っていく

虹始見(にじはじめてあらわる)

虹が見え始める

葭始生(あしはじめてしょうず)

あしが生え始める

霜止出苗(しもやみてなえいずる)

霜が止んで苗代で稲の苗が生長する
<<ページトップへ

5月

牡丹華(ぼたんはなさく)

ぼたんの花が咲くようになる

蛙始鳴(かわずはじめてなく)

かえるが鳴き始める

蚯蚓出(みみずいずる)

みみずが姿を見せ始める

竹笋生(たけのこしょうず)

たけのこが出始める

蚕起食桑(かいこおきてくわをはむ)

かいこがくわの葉を食べるようになる

紅花栄(べにばなさかう)

べにばなの花が咲き乱れる
<<ページトップへ

6月

麦秋至(むぎのときいたる)

麦が熟して畑が黄金色となる

螳螂生(かまきりしょうず)

かまきりが姿を見せる

腐草為螢(くされたるくさほたるとなる)

腐った草がほたるに姿を変える

梅子黄(うめのみきばむ)

うめの実が黄色く色づいてくる

乃東枯(なつかれくさかるる)

夏枯草(かこそう)が枯れる

菖蒲華(あやめはなさく)

あやめの花が咲き始める
<<ページトップへ

7月

半夏生(はんげしょうず)

からすびしゃくが生える

温風至(あつかぜいたる)

暑い風が吹くようになる

蓮始開 (はすはじめてひらく)

はすの花が咲き始める

鷹乃学習(たかすなわちがくしゅうす)

鷹の子が巣立ちのため飛ぶ練習をする

桐始結花(きりはじめてはなをむすぶ)

桐の花が実を結ぶ

土潤溽暑(つちうるおうてむしあつし)

大地がじっとりと熱を持ち蒸し暑くなる
<<ページトップへ

8月

大雨時行(たいうときどきふる)

時どき大雨が降る

涼風至(すずかぜいたる)

涼しい秋風が吹き始める
鳴(ひぐらしなく)
ひぐらしが鳴く

蒙霧升降(ふかききりまとう)

濃い霧が立ち込める

綿柎開(わたのはなしべひらく)

綿を包む萼(がく)が開き始める

天地始粛(てんちはじめてさむし)

ようやく天地の暑さが鎮まる
<<ページトップへ

9月

禾乃登(こくものすなわちみのる)

稲が稔る

草露白(くさのつゆしろし)

草の葉に白い露が宿る

鶺鴒鳴(せきれいなく)

せきれいが鳴くようになる

玄鳥去(つばめさる)

つばめが南へ去って行く

雷乃収声(かみなりすなわちこえをおさむ)

雷が鳴らなくなる
蟄虫戸(むしかくれてとをふさぐ)
虫が地中に巣ごもりする
<<ページトップへ

10月

水始涸(みずはじめてかるる)

田の水を落して稲刈りの準備をする

鴻雁来(こうがんきたる)

かりが飛来し始める

菊花開(きくのはなひらく)

きくの花が咲き始める

蟋蟀在戸(きりぎりすとにあり)

きりぎりすが家の内で鳴く

霜始降(しもはじめてふる)

霜が降り始める

霎時施(こさめときどきふる)

時雨が降るようになる
<<ページトップへ

11月

楓蔦黄(もみじつたきばむ)

紅葉やつたの葉が色づいてくる

山茶始開(つばきはじめてひらく)

さざんかの花が咲き始める

地始凍(ちはじめてこおる)

大地が冷えて凍り始める

金盞香(きんせんかさく)

すいせんの花が咲き始める

虹蔵不見(にじかくれてみえず)

虹が見えなくなる

朔風払葉(きたかぜこのはをはらう)

北風が木の葉を吹き払うようになる
<<ページトップへ

12月

橘始黄(たちばなはじめてきばむ)

たちばなの葉が黄葉し始める

閉塞成冬(そらさむくふゆとなる)

天地の気が塞がって冬となる

熊蟄穴(くまあなにこもる)

熊が穴に入って冬眠する
魚群 (さけのうおむらがる)
さけが群を成して川を上って行く

乃東生(なつかれくさしょうず)

夏枯草(かこそう)が生えてくる

麋角解(さわしかのつのおつる)

さわしかの角が落ちる
<<ページトップへ


<<戻る


dummy dummy dummy dummy