こよみ博物館トップへ
こよみの基礎知識 こよみの雑学 くらしの情報 こよみギャラリー 季節のレストラン 館長室
らくらく検索こよみ辞典 問い合わせ問い合わせ

四季と暦

雑節

二十四節気・五節句などのほかに、それらを補足し、1年間の季節の移り変わりをより的確につかむために重要視されてきたのが雑節です。9つある雑節のどれもが、日本人の長い生活経験から生まれたもので、農業や日常生活の目安として暦に定着してきました。

 
  雑節一覧  
<<戻る




節分・・・・・・立春の前日、2月3日頃。

旧暦では立春から1年がはじまるという思想をとっています。立春の前日が節分なので、この日は1年の最後と考えられ、邪気を祓い、幸せを願う様々な行事が行われてきました。一般的に行われる豆まきをして鬼を追い出す風習は、中国から伝わったものです。
→ 恵方巻き
→ 豆まき

<<ページトップへ

彼岸・・・・・・年2回ある。春分・秋分の前後3日を含む7日間。

彼岸は日本独特のもので、もともと仏教における祭事でした。先祖の霊を供養し、墓参りをする習慣があります。彼岸の頃になると寒暑ともにようやく峠を越して、「暑さ寒さも彼岸まで」の言葉通りに過ごしやすい気候になってきます。彼岸は季節の変わり目でもあります。
→ ぼたもちとおはぎの違いは?

<<ページトップへ

社日/しゃにち・・・・・・年2回ある。春分・秋分にもっとも近い戊(つちのえ)の日。

彼岸は仏事に関係しますが、社日は神事に関係します。「社」は生まれた土地の守護神である「産土神(うぶすながみ)」のことで、この日に産土神に参拝し、春なら五穀の種を供えて豊作を祈り、秋は初穂を供えて収穫のお礼参りをします。

<<ページトップへ

八十八夜・・・・・・立春から88日目、5月2日頃。

もうすぐ立夏という頃ですが、遅霜の時期でもあります。農家にとってはこの遅霜が最も怖く、新芽を出して生長しつつある作物に与える害が非常に大きいことから、注意を喚起するために特別に暦に記載されました。農事上の重要な節目と考えられ、茶摘み、苗代の籾蒔きなどの目安にもされています。

<<ページトップへ

入梅・・・・・・6月11日頃。

現在は、気象学上で太陽が黄経80度を通過した日を入梅としています。ただし入梅は暦の上の話であり、気象庁でも「梅雨入り宣言」を出す日を迷うほどです。日本のように南北に長い国土では、年や地方によって時期が違うのは当然のことなのです。しかし、昔から農家にとって、梅雨入りを知ることは田植えをするために重要でした。なお、入梅の語源については、梅の実が熟する頃に雨季に入るところからきています。

<<ページトップへ

半夏生/はんげしょう・・・・・・7月2日頃。

七十二候でもありますが、特に雑節のひとつにも数えられます。半夏生は梅雨の終期にあたり、農家ではこの日までに田植えを済ませ、どんなに気候不順な年でも、この日以降には田植えをしないという習慣がありました。八十八夜とともに、江戸時代では農家にとって重要な雑節でした。なお、「半夏」とは水辺に生える「からすびしゃく」という多年草のことです。半夏生とは、それが生える時期ということになります。

<<ページトップへ

土用・・・・・・年4回ある。立春、立夏、立秋、立冬の前の18日間。

本来は二十四節気の立春・立夏・立秋・立冬の前の18日間を土用といい、1年に4回ありますが、現在一般的には立秋前の夏の土用を指すようになりました。またその頃は猛暑の時季で、昔から食養生の習わしがありました。土用の丑の日には、うなぎを食べる習慣がありますが、それは暑中の健康管理につながっています。
→ 土用の丑

<<ページトップへ

二百十日・・・・・・立春から210日目、9月1日頃。

この時期は稲の開花期にあたり、台風の襲来を警戒するために暦に記載されました。昔から旧八朔(旧暦8月1日)や二百二十日とともに、天候の悪い三大厄日として恐れられてきた日です。八十八夜、入梅同様に、長年の経験に基づいて記載された日本独特の雑節です。

<<ページトップへ

二百二十日・・・・・・立春から220日目、9月11日頃。

二百十日と同じ意味を持つ雑節のひとつで、台風の襲来を警戒するために暦に記載されました。

<<ページトップへ


<<戻る


dummy dummy dummy dummy