こよみ博物館トップへ
こよみの基礎知識 こよみの雑学 くらしの情報 こよみギャラリー 季節のレストラン 館長室
らくらく検索こよみ辞典 問い合わせ問い合わせ

四季と暦

二十四節気

太陽の運行を基準にした季節の区分法が二十四節気です。太陰暦(月の運行による暦法)では、暦の日付が太陽の位置とは無関係であるため、暦と実際の春夏秋冬の周期にズレが生じ、農耕にとって大変不便です。そのため古代中国では、気候の推移を正しく知らせるために長い期間をかけて研究し、二十四節気を考え出しました。
二十四節気は暦の上での気候の推移を表す基準点である冬至を計算の起点にし、一太陽年を24等分したものです。現在は太陽が春分点から黄経上を15度移動するごとに、一節気を進めています。これにより正しい季節がわかるようになり、農作業にとって大変便利になりました。もともとの発祥は中国ですが、日本においても季節の変化を示すものとして非常に便利で、長い間日本の風土に根付いてきました。

 
  二十四節気一覧  
<<戻る




1月の二十四節気

小寒 (しょうかん)

一年中で一番寒い時期である「寒」の前半に当り、各地で雪が降り、池や沼湖が氷結する。小寒に入って4日目を「寒四郎」といい、麦の厄日とされた。また9日目を「寒九」といいこの日に雨が降ると豊作とされた。

大寒 (だいかん)

「寒」の後半に当り、極寒の時期で、各地で最低気温を記録する。昔からこの頃に汲んだ水は長持ちするといわれ、酒の仕込みが行われる。また、寒参りや寒稽古などで寒さを克服する。大寒の最後の日が節分である。

<<ページトップへ

2月の二十四節気

立春 (りっしゅん)

春の始めとはいえ寒さは厳しい。しかし、立春を過ぎると昼が少し延びたことが目立つようになり、気温も僅かずつ上昇する。立春が旧暦の12月の内にあると「年内立春」といい、正月にあるのを「新年立春」という。

雨水 (うすい)

いままで降り積った雪や氷が解け始め、また降る雪も雨に変る頃である。気温はさらに上昇して、木々の蕾もふくらみを増してくる。水も温み、農家はそろそろ春の農作業の準備をし始める。

<<ページトップへ

3月の二十四節気

啓蟄 (けいちつ)

冬の間地中に巣ごもりしていた虫が冬眠から覚めて、戸を啓(ひら)くという意味である。さまざまな虫が地上に姿を現わす。啓蟄は漢時代に「啓」が皇帝の諱(いみな)であったため、驚蟄と改められた。

春分 (しゅんぶん)

立春から始まった春の季節のちょうど真中に当る。この日、日の出から日没までの昼と、日没から日の出までの夜の時間が等しく、また太陽は真東から昇り、真西に沈む。寒さもようやく収まる。

<<ページトップへ

4月の二十四節気

清明 (せいめい)

万物が「清浄明潔」であるところから名付けられた。各地で桜を始め、さまざまな花が咲き乱れ、一年中で最も心の浮き立つ頃である。人々は野外へ出て春の陽光の下で楽しむ時期である。

穀雨 (こくう)

穀物の成育を助長する春雨がしきりに降る頃である。もともとは冬に播いた麦類を育てる雨という意味であったが、麦類に限らずあらゆる作物にとって大切な雨が降る。卯の花の咲く頃で「うのはなくだし」ともいう。

<<ページトップへ

5月の二十四節気

立夏 (りっか)

二十四節気の上で夏の最初となる。例年八十八夜の3、4日後に当り、野山は新緑にあふれ、茶摘みの適期となる。行楽のシーズンでもあるが、農家は農作業に忙しくなり、田植の始まる地方もある。

小満 (しょうまん)

万物が次第に長じて、天地に満ち始める頃である。山野の緑はいちだんと濃さを増し、麦の穂が成長して稔りの時が近づく。南の方から梅雨が始まり、多くの地方で田に水が張られて田植が始まる。

<<ページトップへ

6月の二十四節気

芒種 (ぼうしゅ)

芒とは禾(のぎ)のある作物、つまり麦や稲などを示す語で、麦は麦秋を迎えて刈取りが始まり、稲は田植を終えて、すくすくと成長し始める。梅の実が黄色く色づき、ほとんどの地方が梅雨に入る。

夏至 (げし)

北半球では昼が最も長く、夜は最も短い。緯度の高い地方では太陽はほとんど沈まない。ただし、日本ではまだ梅雨が続き、日照時間が少ないため、気温は比較的低めである。夏至の約10日後は「半夏生」という厄日である。

<<ページトップへ

7月の二十四節気

小暑 (しょうしょ)

そろそろ各地で梅雨が明ける。この頃強い雨で被害が出ることがある。気温は次第に高くなり、蒸し暑い日が続くようになる。これから1ヶ月間が暑中で、小暑の終り頃から夏の土用に入る。

大暑 (たいしょ)

梅雨が明けてギラギラとした太陽が照りつける一年中で一番暑い時期である。夏の土用に当り、この頃の庚(かのえ)の日は三伏といって、火の気が最も盛んな厄日とされる。年間の最高気温はこの頃観測されることが多い。

<<ページトップへ

8月の二十四節気

立秋 (りっしゅう)

二十四節気の秋の最初とされる。実際には大暑に続いて最も暑い時期で、立秋の語に違和感を持つ場合が多い。旧暦では七夕や盆はこの頃の行事なので、澄んだ夜空に星や月を仰いで催された。

処暑 (しょしょ)

暑さが止むという意味である。30度を超える真夏日や、寝苦しい熱帯夜が少なくなる。処暑の9日後は二百十日で、台風シーズンの到来を告げる。稲に穂が出て、最も気象に注意が必要な時期となる。

<<ページトップへ

9月の二十四節気

白露 (はくろ)

朝夕少し涼しくなり、草木の葉に白い露が宿るようになる。まだ気温の高い日もあるが、秋草の花が咲き、ゆっくりと秋が近づいたことが感じられるようになる。草むらでは虫の音が涼しさを一層濃くしている。

秋分 (しゅうぶん)

秋分には春分と同じく昼と夜の長さが等しくなる。また、秋分の日を中日として秋の彼岸となる。暑さもようやく収まり、しのぎやすい時期となり、秋の味覚が食卓を賑わせてくれる。仲秋の名月もこの頃である。

<<ページトップへ

10月の二十四節気

寒露 (かんろ)

朝夕の冷え込みはいちだんと増し、秋草の葉に冷たい露がつくようになる。山野の風情も秋色を増し、稲田はたわわに稔り、黄金の波を打つようになる。収穫を感謝する秋の祭りの時期である。

霜降 (そうこう)

北国や山間部では霜が降りるようになる。平野部では早霜の害を受けることがあるため用心しなければならない。秋の収穫のたけなわで、農家は多忙を極める。紅葉前線は次第に南下し始める。

<<ページトップへ

11月の二十四節気

立冬 (りっとう)

二十四節気の冬の最初。次第に太陽の光が弱くなり、また昼が短くなったことを感じるようになる。冬の到来を知らせる「木枯し1号」が吹いて、落葉を払う。時雨が降って、しみじみとした気分となる。

小雪 (しょうせつ)

北国や山間部から初雪の便りを聞くようになる。関東以西の平野部では、まだしばらく降雪はない。収穫を終えて、ゆったりした気分で、最後の紅葉狩りを楽しむこともある。高い山の尾根の冠雪を見て冬の到来が実感される。

<<ページトップへ

12月の二十四節気

大雪 (たいせつ)

平野部では「大雪」の語には縁遠いが、地方によってはすでに深雪に埋れたり、厚い氷に閉ざされる。スキー場開きのニュースもちらほらと聞かれるようになる。この頃の暖かい晴れの日を小春という。

冬至 (とうじ)

一年中で一番昼が短く、夜が長い日。この日を境として少しずつ昼が長くなる。次第に弱まってきた太陽の陽の気が、この日から再び強くなるところから「一陽来復」を祝う。南瓜を食べ、柚子湯に入って太陽の気を摂取する。

<<ページトップへ


<<戻る


dummy dummy dummy dummy