こよみ博物館トップへ
こよみの基礎知識 こよみの雑学 くらしの情報 こよみギャラリー 季節のレストラン 館長室
らくらく検索こよみ辞典 問い合わせ問い合わせ

太陽暦

地球が太陽の周囲を一回りする時間を1年とする暦です。
太陽の黄道上の運行、つまり季節の周期をもとにつくられた暦法で、月の満ち欠けは考慮しません。
「地球が太陽のまわりを回っている」ということは、現代人なら誰でも知っています。ですが、昔は「太陽が地球のまわりを一回転する」と考えられていました。
この周期を一太陽年、あるいは一回帰年といい、一周期にかかる時間は、365.2422日(365日5時間48分46秒)と計算されています。
太陽暦はこの一太陽年をもとにした暦で、1年を365日とすると、毎年約4分の1日(0.2422日)ずつ暦の方が先に進んでずれてしまいます。そこで4年に1日の閏日(うるうび)をつくって調整します。

太陰暦

月の運行、つまり月の満ち欠けの周期である「朔望(さくぼう)」を基準にした暦です。「太陰」とは月のことです。
月が地球の回りを一周する時間は、季節によって多少の違いはありますが、平均すると29.530589日(29日12時間44分3秒)です。
そこで、ひと月が29日の月(小の月)と30日の月(大の月)を組み合わせて暦を作ります。太陰暦の1年(12朔望月)は354.367日です。人類が文明を築いた頃は、おもに太陰暦が使われていたと考えられていますが、今でも「イスラム暦」ではこの暦法を使っています。

太陰太陽暦

太陰暦に、季節変化などの太陽暦の要素を取り入れてつくられた暦です。通常、陰暦や旧暦と呼ばれているものは、この太陰太陽暦のことです。
太陰暦の1年は354.367日で、354日と約3分の1日(0.367日)しかないため、太陽暦の1年(約365日)、つまり実際の季節の移り変わりとの間に、毎年約11日のズレが生じます。そのままでは、2年目には22日、3年目には35日…と、太陰暦の日付の方が先に進んでしまいます。
暦を見ても本当の季節が分からないということにならないよう、両者のズレが1ヶ月位になったときに、29日か30日の閏月(うるうづき)を置いて調整します。太陰太陽暦では、約33ヶ月ごとに閏月があります。

新暦と旧暦

新暦とは明治改暦により採用された太陽暦のことで、「地球が太陽の周囲を一回りする時間を1年と定めた暦」として、一太陽年(一回帰年)の長さに基づき暦年が設定されています。月の運行や満ち欠けなどの周期は考慮されていません。現在、世界の共通暦となっているグレゴリオ暦はこの一種で、1年を365日、4年毎に1日の閏日を置いて366日としていますが、西暦が100年単位の区切りの年は、その西暦年が400で割り切れる年だけを閏年とすると定めています。日本では明治5年(1872)12月3日を明治6年の1月1日として改暦が実施され、現在に至っています。

旧暦とは太陰太陽暦のことで、太陰暦(月の運行、満ち欠けによる周期的変化を基準とした暦)に季節変化(二十四節気)など、太陽暦の要素を取り入れて作られた暦です。基本になった太陰暦は、月の周期を基準にし、1ヶ月を29日あるいは30日、1ヶ年を12ヶ月と定めているので、太陽年より約11日短くなっています。
そのズレを、閏月を置き調整する方法も新暦には無い特徴です(閏年には、一年が13ヶ月となります)。
なお、「太陰」とは月のことです。中国や日本で使ってきた旧暦は、毎月1回、太陽と月と地球が同じ方位に並ぶ「朔(さく)」という現象を含む日を、1ヶ月の最初の日、つまり朔日(1日)としました。
この旧暦は、日本では飛鳥時代に採用され、明治5年まで使われていました。

<<戻る


dummy dummy dummy dummy